学校日誌

新規日誌1
12345
2018/10/23

みなみが野学府協議会

| by 管理者
10月18日(木)磐田南小、長野小、南部中それぞれのPTA会長、学校長、校区内の各地区長など、計18名の学府協議会委員に御参加いただいて、みなみが野学府協議会を行いました。
学府長である本校 中村和久校長より、「こどもみんなプロジェクト」「小中乗り入れ授業(英語)」などの取り組みについての説明、本校 学府校ディネーターである 春田智道教諭より、みなみが野学府の実践内容「誉める・プラスワンルール・ABC分析」の発表を行いました。
この日は、本校の合唱中間発表の日でもあり、協議会委員の皆様に各学年の歌声も聴いていただきながら、学校の様子、地域の様子、これからの連携のありかたなどを話し合いました。
    
↑ 中間発表の様子 1年生(左)、2年生(右)

  
  
↑ 協議会の様子
15:34
2018/10/09

芸術館紹介「全盲の歌姫」ミニコンサート

| by 管理者
10月5日(金)
 「全盲の歌姫」こと上田若渚(うえだわかな)さんをお招きし、すばらしい歌声と講話を
聴くことができました。
 お話の中で、出会いの大切さ、人と人とのつながり、なんでも挑戦する、「ありがとう」を
伝える等々、多くのメッセージをくださいました。その模様が、10月6日(土)の静新聞にも掲載されました。20181009140153.pdf
13:40
2018/10/08

地域でも 小中学生大活躍

| by 管理者
10月5日  鈴木彰二自主防災部会長さんがお見えになり、次のようなエピソードを教えていただきました。
「台風24号で多くの地区が断水し、自治会によって、仮設の井戸に手動式ポンプを取りつけ生活用水を確保するところもありました。このポンプは連続してこぎ続ける間は水を汲み上げるが、少し時間をあけると水位が下がり、呼び水を入れないと水が出ないのです。この作業を見ていた長野小・南部中の生徒が『ポンプをあおる作業は私たちがやる。』と自分たちから申し出て、夕方暗くなるまで約2時間ぐらいの間、ポンプをこぎ続けてくれました。そのお陰で円滑に給水作業を行うことができました。」
いざいう時に、地域を守るために、自分たちでできることを実践できたことが「共助」につながったと思います。いいお話をありがとうございました。小島 井戸.pdf
08:06
2018/10/08

「いつも通りの学校生活」ありがたさ実感

| by 管理者
10月5日(金) 台風24号の影響で休校からスタートした今週でしたが、やっといつも通りの学校生活を送ることができるようになりました。休校中も、台風によって倒れた木々や割れた窓ガラスなどの片付け、清掃などを職員総出で行い、学校再開に備えました。
   
   
↑ 教室窓ガラスが割れ、風に飛ばされた入り口ドア。下段の写真は、あとからたてかけたのではなく、このままの状態で外れて飛ばされていました。

 
↑ 中庭の樹木が2本倒れました。
 
 
職員総出で倒木の撤去や、プールの水を排水に使おうと、バケツリレーで運んだりしました。
07:44
2018/09/28

S.P.E.Kプロジェクト

| by 管理者
9月27日(木) 中学3年生を対象に、磐田市内で勤務しているALT(英語の授業で担当教師と一緒に授業を行っています)の先生方18名との英会話行いました。
各自この日のために準備してきた内容を一人一人で英語でプレゼンテーションし、グループ内のALTや友達からの質問に英会話で答えたりしていました。身振り手振りを交えたり、写真などを準備して示したりして、相手に分かりやすく伝えようとする姿が見られました。
← ALTの方々の紹介

← 小グループでの発表

← 緊張の中にも楽しんで取り組む姿が多く見受けられました。

← スピーチに関わる実物を提示して。
09:33
12345